無痛で体の歪みをとる整体・姿勢矯正 鈴木薬手院

歪みと症状

人間は歪みやすい形に進化した

人間は、重い頭を2本足で支えなくてはいけないという、それはそれは大変な体の構造をしています。逆に、脳が重すぎて、4本足動物の体型では支えきれないということでもありますが…。

火星人みたいな形に進化すれば、首痛とか腰痛に悩まされなくても良かったでしょうに、どういうわけか、人間は今のような形になってしまった…いや、もしかしたらまだまだ進化の途中で、遠い未来では、頭脳ばかりが発達し、体は逆に縮小して、結局は、火星人みたいな形になるのかも知れませんね。

それはそれとして、とにかく今の人間は、細い脊柱の上に重い頭が乗っかっていて、それを骨盤で支え、足は上半身のバランスを取りながら動かさなくてはいけないという、とてもデリケートで歪みやすい体型なのです。

二足歩行の人間だけの歪み

4本足の動物は、歩くとき、1本の足が宙に浮き、残りの3本で体を支えます。

しかし、人間の足は2本しかありませんから、歩くときに片方の足を上げると、逆の1本の足だけで体のすべてを支えなくてはいけないわけです。

歩くたびに自分の体重の何倍もの衝撃がかかるうえに、絶妙なバランス感覚が求められます。

まあ、急にそうなったわけではなく、二足歩行に適した構造にじわじわと進化してきたのですから、正常な体型ならば、ごく普通に生活できるはずなのですが…
体のどこか一部が歪んだり、上手く動かせなくなると、とたんにバラスが崩れてきちんと歩けなくなります。

それでは困るので、体は自然に、他の部分を歪ませて帳尻を合わせようとするのです。

二足歩行になった人間は、手足を自由自在に動かせるようになった代わりに、何とも歪みやすい構造も手に入れてしまったというわけです。

鍛えなくても、全身はバネ…のはず

縦になった人間は、バランスをとって立ち、動き、走るために、全身をバネ構造にしました。

一番大きなバネは、脊柱の生理的湾曲(S字カーブ)です。
重い頭を支え、バランスをとるための全身のバネで、このS字カーブがあるからこそ、人間は直立していられるのです。
(詳しくは、脊柱の生理的湾曲のページでご説明します。)

もう一つのバネは、足裏アーチです。

人間の体で地面についているのは足の裏だけです。
体の重みや衝撃は、すべて足裏に集結し、とんでもない負担がかかります。
その衝撃をうまく吸収・分散してくれるのが、足裏アーチです。
(詳しくは、足裏アーチのページでご説明します。)

手にもアーチがあります。
私たちが物を持ったり、細かい作業をするためには、手のアーチは不可欠です。
また、手は、もともと前足だった部分。体を支えたり、バランスをとるという重要な役割もあります。その役目を果たすためには、しっかりとした手のアーチが必要なのです。

 

このように、本来人間は、鍛えなくても全身バネなんです。
しかし、せっかく手に入れた、この絶妙なバネ構造が、最近の“体を使わない生活”によって崩れ、役割を果たしきれなくなっています。

平均寿命は伸びたけど…

関節痛などを訴える患者さんは、50歳以降に急増します。70歳以上で、体のどこも悪くない人はほとんどいません。

どうやら、私たちの体は、そんなに長く使うに耐えるように作らていないようなのです。

平均寿命が飛躍的に伸びたのは、ほんの数十年前くらいからで、人類の歴史から見れば、ごくごく最近のことです。
医療の発達によって伸びたわけですが、体的には何も変わっていないのです。

ですから、耐用年数を過ぎていろんなところに故障が出るのは当然で、それを修理して、時には部品を交換して、できるだけ長持ちさせているわけです。

そうか。じゃあ、やっぱり歳とともに体が悪くなるのはしょうがないのか。

と、諦めるのは…どうでしょうか?

せっかく長生きするすべを得たんだから、できることなら長生きしたい。しかも、健康で。と思いませんか?

それには、普段のケアがものをいいます。
どんなものでも、お手入れの仕方によって、すぐに壊れてしまったり、長持ちしたりと差が出るはずですから。

まずは、丈夫な体を作ること
 ・・・適度な運動、栄養バランス、生活リズム
そして、体の歪みを整えること
 ・・・歪みのチェック、普段の姿勢の見直し

傷んでから治すのではなく、傷まないような体を作りましょう!