無痛で体の歪みをとる整体・姿勢矯正 鈴木薬手院

歪みと症状

肩が痛い腕が上がらない  決まった角度に動かすと痛い 肩こりがひどい  肩から背中にかけて突っ張る  腕が痛くて眠れない  腕がしびれる  肩から首まで凝っている  痛くて洗濯物が干せない  腕を支えていないと肩が痛い  夜、寝がえりを打つと激痛で目が覚める

肩関節周囲炎は、40~50代の方に多く発症するので、四十肩とか五十肩と呼ばれます。硬くなった関節に無理な負担がかかるために起こります。ちょっとした運動などがきっかけで痛みが出ることが多いです。
肩関節が硬い(可動域が狭い)人に発症しやすいです。


肩関節が硬い?

肩の関節が硬いというのは、関節の可動域が狭く、関節が滑らかに動かないということです。

正常な肩関節は、かなり多くの動きのバリエーションが出来る仕組みになっているのですが、少しでも関節に歪みがあると、自由に動かせなくなります。

ところがそれに気づいていない人がほとんどなのです。

たとえば、洗濯物を干すとき、腕が真上に上がらなくなっていても、体を反らせばなんとか干せちゃうわけです。
動きが悪かったり、左右差があるのを、体の他の部分がカバーしてくれるので、自分ではちゃんと動けていると勘違いしてしまうんです。

試しに、鏡に向かって、ばんざーい!とやってみてください。手の上がり具合に左右差はありませんか?
・手の先の位置がちがう
・掌の向きが違う
・肘の伸び具合が違う
・横から見たときに、腕が前後している

これらのどれか一つでも当てはまれば、関節が歪んでいて、左右同じ動きができていないということです。

腕を体の後ろでつなぐ(たすきがけ)をして、左右のやりやすさの違いがあったり、手が届かない場合も、肩関節に歪みがあります。

また、うつぶせに寝たときに、左右の鎖骨が床につかない場合は、肩関節が前にすぼんでいるので、腕を真上にあげるのが苦手なはずです。

五十肩の原因

40年~50年をかけてじわじわと歪んできた関節には相当な負担がかかっていて、さらに老化という悲しい現象も加わって、肩の周囲に炎症を起こしたのが五十肩(肩関節周囲炎)です。

でも、50代の人が全員五十肩になるわけではないし、五十肩になってしまった人も、どちらか一方の肩だったり、どちらかがひどかったりと、左右差があることがほとんどです。

ですから、 老化よりも、むしろ体の歪みの方が大きく関係しているはずで、歪みの大きい人は、30代・40代でも発症します。
歪みが大きく、関節がきちんと動かせないと、老化が早くすすんでしまうということです。

五十肩は、ちょっとした動作がきっかけで痛みが出ることが多いので、「あの時のあの動きがいけなかったんだ」とか思いますが、そうではなくて、長い間に徐々に歪んですでに傷んでいた関節が、いよいよ耐え切れなくなって炎症を起こしたということです。

ですから、五十肩は治りにくいのです。

 

五十肩になりやすい人

猫背の人

肩が前にすぼまった状態なので、腕が真上に上がりません。さらに、猫背体系の人は首が前に突き出したストレートネックですので、首から肩の筋肉が常に緊張し、ますます動きも悪く、炎症を起こしやすくなっています。

運動をしない人

関節は、動くためにあるのです。動かさなければ、どんどん錆びついてしまいます。
また、関節を守っているのは筋肉ですので、運動不足で筋力が弱ると、関節が不安定になり、ちょっとした動作で傷めやすくなります。

間違った運動を続けている人

普段運動をたくさんしているのに五十肩になってしまった(>_<)使い過ぎかな? という患者さんも多いです。

もちろん、使い過ぎで傷むこともありますが、それよりも、間違った体(歪んだ体)で運動をしていたことのほうが問題です。

きちんとした動きができない歪んだ関節を無理やり動かしていれば、傷むのは当然ですね。

そして、悲しいことに、普段運動をしている人が発症した場合、運動不足の人よりも治りずらい傾向にあります。
動きの悪い関節をカバーするために、筋肉に不自然な緊張が起こり、ますます歪んでしまうという悪循環が起こってしまっているからです。

一度、体をリセットして、それから正しい筋肉をつけるリハビリを行ってください。

そうすれば、以前よりもきれいなフォームになり、スポーツも上達するはずです。

体の故障をきっかけに運動をやめてしまう人が多いですが、きちんと体を治してから、ぜひ続けてくださいね!!

五十肩を治すには

歪みの矯正と、運動療法を並行して行うのが理想です。

五十肩(肩関節周囲炎)の患者さんは、頸椎4~7番、胸椎1番までの歪みが大きいので矯正します。

急性の炎症が治まってきたら、徐々に運動療法を開始します。決して無理に動かしてはいけませんが、きちんとした指導を受けて、できるだけたくさん動かすようにしましょう。痛いからといつまでも動かさずにいると、関節周りの筋肉が硬くなり、ますます動かなくなってしまいます。

また、関節は体全体で連動していますので、肩関節が歪んでいるということは、全身歪んでいるということです。

五十肩の患者さんに多い猫背体型は、全身の大きな歪みです。肩だけではなく、腰や膝も傷めやすくなっているので要注意ですよ!