無痛で歪みをとる整体・姿勢矯正 鈴木薬手院

歪みと症状

体が硬い体操教室でがんばっているのに体が柔らかくならない  歳とともにどんどん体が硬くなってきた  足を延ばして座れない  座敷は苦手  正座ができない  体がギシギシする  軽く転んだだけなのに骨折してしまった  良くケガをする

体が硬いというのは、関節が正常に動いていないということです。筋肉が硬いから伸ばせば良いだろうと無理な柔軟体操をする人が多いですが、体を傷めてしまい、余計体が硬くなってしまいますよ。


体が硬い=関節が歪んでいる

赤ちゃんはびっくりするくらい体が柔らかいですよね。歪みがなく、筋肉も柔らかいので、関節が最大限に動くからです。

それが、大きくなるにつれ歪みが出てきて、筋肉が緊張して、関節の可動域が狭くなり、体が自由に動かせなくなってしまうと、体が硬くなった!となるわけです。

また、脊柱は小さな骨が椎間板という柔らかい組織でつながっていて、それによって前後左右に柔軟に動かせるのですが、椎間板が硬くなってくると、脊柱の動きが悪くなります。

椎間板は、年齢とともに弾力がなくなり、ぺっちゃんこになっていくものですが、不自然な負荷がかかっていると、老化が早く進みます。(そして、腰や首など、一番負荷がかかりやすい部分にヘルニアなどを起こすわけですが、これは腰痛のページで詳しく説明しますね。)

体は全部連動していますので、脊柱の動きが悪くなれば、他の関節の動きも悪くなります。

よく、前屈は得意!といっている人が、後ろに反るのが苦手だったりしますが、本当は前にも後ろにも柔軟に動くのが正常ですから、前だけ柔らかいというのはやはり歪みなのです。
腰のまがったおばあちゃんは、前屈は得意ですが…体が柔らかいとは言えませんよね。

 

筋肉が硬いのは歪みのせいです

筋肉は、骨に付着して体を動かす役目をしています。もちろん、関節の周りにも筋肉があって、関節を守る役割も果たしています。

関節に歪みがあると、その周りの筋肉に余計な負担がかかるので、筋肉が緊張します。

体が硬いのは筋肉のせいだと思われがちですが、そうではなく、関節の歪みのせいで筋肉が硬くなってしまうのです。

ですから、一生懸命柔軟体操をして筋肉を伸ばそうとしても、関節の歪みを治さなければ体は柔らかくなりません。

体操教室などで、みんなと同じように運動をしているのに、自分だけ体が柔らかくならないと悩んでいる方は、体の歪みをチェックしてみてください。

 

体が硬いとケガをしやすくなります

スポーツをする時の、きれいな無駄のないフォームというのは、正しい関節の動きがあってこそできるものです。

体が硬い人は、そもそも正しいフォームが取れないので、なかなか上達しませんし、無理な動きをしているので、すぐに体を傷めてしまいます。

また、ちょっと躓いてとっさに無理な体勢を取った時に、関節が硬い人はそれに対応できずにケガをすることが多いです。

小さな子供が階段を踏み外しても尻もちをつくくらいですみますが、お年寄りが階段を踏み外したら…たいへんなことになってしまいますね。

体が柔らかい人は、いろいろな動きに対応できるので、同じように転んだとしても、意外とケガをしないんです。

体の柔軟性(関節の可動域が広いこと)は、スポーツではもちろんですが、普段の生活でもとても大切なことなのです。