無痛で体の歪みをとる整体・姿勢矯正 鈴木薬手院

歪みと症状

普段気を付けること

歪みというのは、長い間、体を偏って使うことによってじわじわと進みます。
その長年の体の使い方の癖を治すのは簡単ではありません。
また、体の傾きや、片足に体重をかけて立つなど、歪んだ体のバランスをとるために自然とそうなってしまう場合もあり、無理に直そうとすると逆に体の具合が悪くなったりします。

ですから、自分で無理に直そうとするのではなく、一度きちんと体の歪みを調べてもらい、自分で直すべき癖と、体の歪みをとることにより直すべきものを判断することが必要です。

ここでは、歪みのある人もない人も、普段から気を付けたい事をいくつかご紹介します。

 

絶対にやってはいけない姿勢

ぺちゃんこ座り(アヒル座り、お姉さん座り)

よく、女の子がこの座り方をしますね。正座の足先を外側に開き、お尻は床にぺたんとつける座り方です。

この座り方は、股関節、膝、足首が本来ではありえない形になっています。

手でいうと、手の甲を地面につけて体重をかけているようなものです。

ですからそもそもこの姿勢はできないはずなのですが、 簡単にできてしまうということは、すでに体が歪んでいるということです。
また、小さな子どもは関節が柔らかいので、この不自然な姿勢が割と簡単にできてしまったりしますが、できるだけさせないようにしましょう。

O脚になったり、骨盤の歪みから子宮に悪影響が出たり、体にとって良いことは一つもありません。

 

横座り

これはもう、自分でも体に悪い座り方だな、とわかりますよね。
横ずわりしている時は、骨盤が傾斜し、体のバランスをとるために首まで曲がってしまいます。

やってはいけないとは知っていながらも、座敷などではやむを得ず横座りをすることもあるかと思います。
できれば、胡坐をかいたり、足を伸ばして座ったり、体育座りをしましょう。
どうしても避けられない時は、左右を頻繁に入れ替えましょう。
そして、横座りから解放されたら、全身を動かして体をリセットするように。

 

腹ばいで本を読む

腹這いになって、本を読んだり、パソコンや携帯をいじったりする人、多いと思います。
肘をついて、肩が不自然に上にあがった状態で、首を突き出し、腰は不自然に反っています。
この姿勢のまま直立させると、とんでもない脊柱のカーブになっているのがわかると思います。

さらに、ほとんどの場合、どちらかの腕に多く体重がかかっているので、体はねじれた状態になっています。

腰痛の人は、この姿勢はできないはずです。ということは、それだけ背骨に負担がかかっているということです。

また、寝る前に布団の中で本を読んだりしていて、そのままうつ伏せで寝てしまう人も多いと思います。

うつ伏せで寝ると、首は左右の向きやすい方を向き、普段ではありえないほど首がねじれます。そして、肋骨が歪んで圧迫されますので、全身が歪んでしまいます。

 

足を組む、頬づえをつく

これらは良くありがちな癖で、自分でもわかっているけれど、ついやってしまうという人が多いと思います。
かっこよく見えるという理由でやっている人もいると思いますが、体に悪いことをわざわざやって体を歪ませてしまうのは、どうでしょうか?

できるだけやらないように気を付けましょう。

 

 

ずっと同じ姿勢をしないように

座りっぱなし、立ちっぱなしは体に良くありません。血流が滞ってコリが出ます。

また、同じ動作の繰り返しも、体に偏った負担がかかりますからできるだけ避けたいものです。

とは言っても、仕事でやむを得ない場合が多いですから、できるだけ体がコリ固まらないように工夫しましょう。

 

座りっぱなしの人
座ったままでできるおススメの運動は、足の先を上げる運動です。かかとは床につけたままで足先をできるだけ上に引き上げます。
すねとふくらはぎが動きますね。
ふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれるくらいですから、下肢の血流を促進するには、ふくらはぎの筋肉を動かすのが効果的です。
>> 予防体操のページをご覧ください。


立ちっぱなしの人
おススメの運動は、爪先立ちです。これも、ふくらはぎの運動です。思いっきり爪先立ちをして、戻す。を数回繰り返しましょう。
どこかにちょっとつかまる場所があれば、足先を上げる運動もやってください。片足ずつで良いので、踵は床につけたままで、足先を上げる、下ろす、を数回行いましょう。

 

同じ動作を繰り返す場合
これはもう、頻繁に休憩をとるしかありません。
そして、休憩の時は、体を大きく動かしましょう。右手をたくさん使ったから左手を多く動かす、とかではなく、全身をバランスよく動かすのがポイントです。
ラジオ体操がするのが理想ですが、無理ならば、大きく手を振って大股で歩いたり、肩をぐるぐる回すのがおススメです。

 

体調をしっかりチェックしましょう

普段から、自分の体調をしっかりとチェックすることが大切です。

  • 食事内容、食欲
  • 便・尿の回数や様子
  • 体重の増減
  • 睡眠時間、熟睡できたか、寝起きの感じ
  • 歩いた時の感じ
  • 体に痛みや違和感を感じたか
  • 姿勢、肩の高さ、ウエストの位置の左右差

できれば、毎日記録するのが理想ですが、ちょっと体に異変を感じたときだけでも良いのでメモしておきましょう。

病院や整体院などへ行ったときに役に立ちます。