無痛で歪みをとる整体・姿勢矯正 鈴木薬手院

歪みと症状

予防体操

このサイト全般を通して、運動をしろ、運動をしろとしつこいくらいに言っていますが、普段運動の習慣のない人は何をしたらよいのか? 自己流でへんな運動をして、逆に体を壊してしまっては元も子もないし…。
とお悩みの方に、おススメの体操をご紹介します。

体操するときは、以下の2点をお忘れなく!

無理をしない
疲れるほどやらない。筋肉痛になったらやり過ぎです。ちょっと物足りないくらいがちょうどよいです。

長くつづける
ガッツリやって数日休む、というよりも、毎日少しづつ長く続けた方が効果的です。

 

足首の運動

(1) 足を延ばして座ります。

  • この時、膝の位置や形、足首の開き方や角度などをチェックしましょう。
  • 体操をする時は、真っ直ぐな状態で行ってください。

(2) 足首の間にこぶし1個分くらい隙間を開けます。

(3) 足の甲を自分の方に引き寄せます。

  • 足先に力を入れるのではなく、足の裏全体を傾けるようにします。すね・ふくらはぎが動くのを感じてください。
  • 両足を同じように動かします。傾いていたり、片足だけたくさん動かしたりしないように。
  • 膝は曲げない。
  • 上半身に力が入らないように。

(4) ゆっくり3呼吸して、力を抜きます。

(5) これを5回ほど繰り返します。

 

体が硬い人や股関節や膝に痛みがある人は、長座自体がきついと思いますので、椅子に座って行いましょう。
足首、膝が直角になる高さの椅子が理想です。


 

お尻歩きの運動

真っ直ぐに進むように意識することで、骨盤の歪みの矯正効果もあります。
無理をしないように少しづつ始めてみましょう。

(1) 足を延ばして座ります。

(2) 足先を肩幅に開きます。

(3) お尻だけを動かして、2mほど前に進みます。

  • まっすぐ進むように。意外と斜めに進んでしまうので、畳の縁やフローリングの目を目安にすると良いですよ。
  • 膝は曲げない。
  • 腕は振らない。
  • 肩など上半身に力を入れないように、手のひらを上にして足の付け根に置きましょう。
  • 2本のレールの上を動いているイメージで行ってみてください。

(4) 同じくお尻だけを動かして下がり、元の場所に戻ります。

  • 必ず、進んだ分だけ戻りましょう。進んだだけ、下がっただけでは逆効果です。

最初は、1~2mくらいから始めましょう。
慣れてきたら、回数を増やしていき、さらに体力がついてきたら距離を延ばしましょう。(最初から張り切って進んでしまうと、元の位置に戻るのが大変になりますよ。)

 

ラジオ体操

お馴染みのラジオ体操は、きちんと行うと軽く汗をかくくらいの運動量があります。

最近の小学校では、ラジオ体操ではなく、違う体操を指導していることろが増えているようですが、逆に、大人には見直されていて、DVD付の書籍が発売されたりしていますね。

ラジオ体操は、全身をまんべんなく適切に動かす、とても優れた体操です。
ぜひ、ご家族みんなで行ってください。

できれば、全身が映る鏡の前で、左右が同じ動きになるように確認しながらやってみましょう。
大きな鏡がない場合、 動画を撮ってチェックするのも良いと思います。