無痛で体の歪みをとる整体・姿勢矯正 鈴木薬手院

歪みと症状

筋膜とは?

筋肉は耳慣れた言葉ですが、筋膜というのはあまり聞かないですよね。

体にとって、とても重要なものなのに、どうして主役になれないのか、ちょっと不思議な気がしますが、筋肉が『体を動かす』という目立つ役割なのに対して、筋膜は『体を支える』という縁の下の力持ち的な役割だからかもしれません。

筋膜は、筋肉はもちろんのこと、骨や内臓、血管、神経など、体のすべてを覆っています。
筋肉の周りについているものは「筋膜」、心臓を包んでいるのは「心膜」、骨についているものは、「骨膜」と呼ばれます。
部位によって呼び名が違っても、筋膜は全部が連続して繋がっていてまさに、全身タイツのように体を包み込んでいます。

そして、組織を守りつつ、それぞれの組織が適切な位置にきちんと配置されるように支えているのです。
私たちの体は、筋膜によって形作られているということです。

筋膜の歪み

全身タイツは、どこかが引っ張られると、それにつられてぐにゅ~んと周りも一緒に動き、引っ張るのをやめると、またじわ~っと元の位置に戻っていきますね。

しかし、どこか一か所でもツレたり引っかかったりしている部分があると、この滑らかな動きができなくなります。

筋膜での「ツレ」や「引っかかり」というのは、「コリ」や「ケガ」などです。

筋膜は、伸縮性のあるエラスチンと、伸縮性の無いコラーゲンという2つの成分でできています。
エラスチンによって自由に伸縮するのですが、コラーゲンが伸び過ぎを程よく食い止めてくれます。
この2つの成分がバランスよく働いて、着心地の良い全身タイツになっているわけです。

しかし、 コリやケガなどで筋膜が傷むと、その部分のコラーゲンが癒着して、伸縮性がなくなってしまいます。
体の歪みが原因で、筋膜同士が絡まってしまうこともあります。

また、筋肉が衰えてくると、筋膜に頼って寄りかかるようなことになりますから、筋膜への負担が増して、歪みにつながります。

 

こっちは伸びるけど、こっちは伸びが悪い。なんか、よじれていて気持ち悪い。ここをちょっとひっかけたら、びーっと他の部分まで電線しちゃった(>_<) 

など、着心地の悪いものになっていませんか?

トリガーポイント

最近、よく耳にする、トリガーポイント。

体のコリの隠れたポイントのことですが、実はこれは、筋膜の癒着ポイントなんです。

トリガーポイントは、その部分が痛むことよりも、関連する別の場所に痛みが出ることがほとんどです。筋膜は、全部繋がっているからです。

トリガーポイントの筋膜の癒着をほぐしてあげれば、痛みやしびれはスッキリとなくなるのですが、もともと動かさない(動かしずらい)部分にできるものですので、意識して動かしてほぐしてあげることが必要です。

古傷が痛む

昔のケガや手術の痕が、体調やお天気が悪い時に疼く…。というのをよく聞きますね。

ケガ自体はもうすっかり治っているはずなのに、どうしてでしょうか?

手術や深いケガなどで、筋膜を切ってしまうと、なかなか元の状態には戻りません。
その部分がツレて、その周囲の動きが悪くなってしまうので、どの辺が痛いのか特定できないような、いや~な痛みが出るのです。

骨折やひどい捻挫で筋膜を傷めてしまったときも、いつまでも鈍い痛みが続くことがあります。

また、古い傷の筋膜の損傷が原因で体のバランスが崩れて、思わぬところに不調が出ることも多いです。

病院では、ケガや病気が治れば、完治、ということになるのですが、本当は、その周辺の筋肉・筋膜・神経なども併せてケアしてあげることが必要です。

古傷が痛む場合、筋膜を整えてあげると痛みが軽減することが多いです。